浜松、焼津で詐欺被害 息子、市職員かたる電話

浜松市東区の無職女性(77)が9日、浜松市役所の職員をかたる男に現金100万円をだまし取られたと、浜松東署に届けた。

 同署によると、8日午前、女性宅に市役所職員を名乗る男から「医療費の還付金が戻ってくる」などと電話があった。女性が男の指示を受けて、磐田市の商業施設内のATM(現金自動預払機)を操作したところ、現金100万円をだまし取られたという。女性はその後、家族と話をしてだまされたことに気付いたという。

 焼津市内の無職女性(72)が9日、息子や息子の部下を名乗る男に現金100万円をだまし取られた、と焼津署に届けた。

 同署によると、女性宅に8日、息子を名乗る男から「商談相手から預かったバッグを無くした。お金を用意しないと商談が流れてしまう。お母さんが用意できないなら消費者金融で借りる」と電話があった。女性は内容を信じ込み、同市のJR焼津駅付近で、息子の部下を名乗る男に現金を渡したという。その後、息子に連絡し、被害に気付いた。

※静岡新聞社より抜粋

★法泉(HOUSEN)